九州の正教会

日本ハリストス正教会のグレゴリー神父です。熊本県人吉市から情報発信しています。

全国公会 今年は嬉しいことがたくさん

7月8日(土)と9日(日)の二日間、東京・ニコライ堂で全国公会(教団の年次総会)が開催されました。 ニコライ堂(東京復活大聖堂) 議事自体は企業の株主総会と同様、前年度の業務報告、決算報告と予算審議、あとは人事異動の発表など、基本的に毎年同じよ…

東京に出張 今日は妻と母のお祝い

今週末にニコライ堂で開催される全国公会(教団の年次総会)に出席するため、今日から妻と東京に来ています。 私の自宅は東京にあり、今は母が一人で住んでいますが、人吉は遠すぎて、仕事が入らない限りなかなか上京できません。 飛行機の窓から富士山が見…

福岡に巡回 九州大学の皆さんとともに

九州では北部を中心に、先週後半から大雨になっています。 今日は未明から、熊本県北部で線状降水帯が発生したとのことで、さらに雨が猛烈に強まっています。 13時現在、熊本市周辺はかなり深刻な状態で、鉄道も高速道路もストップしています。 人吉は今のと…

京都に出張 西日本教区会議

先週の金曜日から日曜日までの三日間、京都ハリストス正教会での会議に出席するため、京都に出張していました。 メインの会議は日曜日午後の教区会議です。ちなみに正式名称は「西日本主教教区教区会議」で、同じ言葉が並ぶので何ともややこしいです。 教区…

鹿児島つながりの輪

先日の日曜日は鹿児島ハリストス正教会に巡回し、衆聖人の主日(Sunday of All Saints)の聖体礼儀を執り行いました。 www.youtube.com 衆聖人の主日とは「全ての聖人の記念日」という意味であり、聖五旬祭の次の日曜日のことです。聖五旬祭はその年の復活祭…

福岡で聖五旬祭(ペンテコステ) 今も聖霊降臨は起きている

先日の日曜日、6月4日は復活大祭から50日目の祭日、聖五旬祭でした。 聖五旬祭(ペンテコステ)は復活大祭と同様、キリスト教会共通の祭日ですが、今年の正教会の復活大祭は西方教会(カトリックとプロテスタント)と1週間遅れだったので、聖五旬祭も1週間ず…

主の昇天祭 九州大学の皆さんとともに

今週の月曜日、5月29日にわが九州北部が梅雨入りしました。 人吉市は鹿児島との県境に位置しているので、どう見てもここは九州北部ではなくて南部じゃないのかと思うのですが、気象庁の定義では「熊本県は九州北部」ということのようです。住民の感覚として…

二日連続の日帰り出張 700㎞超えの長距離運転

昨日は大分県宇佐市に出張し、12月に永眠したA氏の納骨を行いました。 宇佐市といっても市街ではなく、景勝地の耶馬渓に近い山奥でした。 A氏の永眠後、自宅は空き家になっているのですが、お墓は自宅の敷地内にあるとのことで、ご遺族と話し合った結果、ご…

息子のお嫁さんと初対面

今日は東京の次男が、4月に入籍したお嫁さんを連れて人吉に訪ねてきました。 私が彼女に会うのは初めてです。 次男は大学を卒業後、IT系のベンチャー企業に勤めてまる三年になります。 学生時代から起業していたのですが、その時から今の会社の社長に見込…

母の日に熊本で復活大祭

昨日は熊本ハリストス正教会で復活大祭を執り行いました。 まる一か月かけて、復活大祭を九州の5か所で行ったことになります。 熊本の信徒は高齢者の3世帯しかいませんが、3軒とも自作のイースターエッグを持参して参祷しました。 3軒の信徒が持参したイース…

福岡での復活大祭 大雨でも盛況

私は西日本教区の決算業務を担当していますが、ゴールデンウィークに入ってからずっと、会計の仕訳と集計をしていました。それに加えて外部から原稿の執筆を2本依頼されていたので、こちらの投稿の方は2週間近くもおろそかになってしまいました… さて、先週…

小倉地区集会 年に一度のイベント

今日は北九州市の小倉に出張し、地区集会として復活大祭の聖体礼儀を執り行いました。 戦前まで小倉には正教会があり、一定数の信徒もいましたが、戦後は教会がなくなり、つい30年ほど前まで神戸教会の司祭が復活大祭の時などに巡回していました。 現在、小…

鹿児島の復活大祭 ルーマニア料理でお祝い!

連日初夏のような暑さだったのに、昨夜から突然冷え込んで司祭館では朝から暖房をつけっ放しです。 さて、先週末は鹿児島ハリストス正教会で復活大祭の聖体礼儀を行いました。 前日夕方に教会に到着。教会の敷地には、先月の春の花々と入れ替わって初夏の花…

人吉での復活大祭 ようやく自粛モードから脱却!

復活大祭の後、山積みになっていた仕事を片付けていて、投稿できないまま4日も経ってしまいました… 4月16日は人吉ハリストス正教会で復活大祭をお祝いしました。 ちなみに普段は一般の方向けに「復活祭」と書いていますが、正教会ではほぼ世界共通で「パスハ…

聖なる三日間③ 死から復活への移動日

今日は聖大土曜日です。 日本正教会は曜日の中で、土曜日だけを教会スラブ語のまま「スボタ」(安息日)と表記するので、今日のことも祈祷書では「聖大スボタ」と書いてあるのですが、一般の方に「スボタ」というのは馴染みがない言葉ですので、私は「土曜日…

聖なる三日間② イエスの葬儀

今日は聖大金曜日。イエスが十字架上で死に、葬られたことを記憶する日です。 キリスト教の教義の根本は、永遠に存在する神がいつか死ぬ人間となってこの世に来られ(受肉)、実際に死んで葬られたが(受難)、復活して使徒に姿を現した(復活)ことにありま…

聖なる三日間① 正教会流の受難曲

今度の日曜日は復活祭。今週は受難週間(他教派でいう聖週間)です。 主の受難を記憶する特別な1週間という位置づけですが、とりわけ今日からの三日間はイエスの十字架上の死と葬りを時系列的に振り返る意味で、特に重要な聖なる期間といえます。 今日の午前…

聖枝祭とネコヤナギ

西方教会(カトリックとプロテスタント)では今日が復活祭ですね。おめでとうございます。 今年は東方正教会では1週間ずれて、来週の日曜日が復活祭となります。 今日は復活祭の前の日曜日、聖枝祭の聖体礼儀を熊本ハリストス正教会で執り行いました。 聖枝…

九州での復活祭のお知らせ

イコン「主の復活」 わが国では本日、3月31日はいわゆる年度末、明日の4月1日から新年度が始まるというのが、社会に定着した慣例です。 教会暦の1年は9月始まり。つまりユリウス暦の9月1日(グレゴリオ暦の9月14日)が元日ではありますが、年間の典礼のサイ…

広島県三原で船舶成聖式

今日は広島県三原市の今治造船広島工場で船舶成聖式を執り行いました。 朝、送迎のタクシーで今治造船に到着。指定された時刻より少し早く、7時55分頃に着いたのですが、午前8時にならないと敷地に立入り不可とのことで閉まった門の前で待ちました。なかなか…

広島へ出張 三原にて

船舶成聖の依頼を受けたので、今日から広島に出張です。 正確には行き先は広島市ではなく、三原市にある造船所です。 成聖式自体は明日の朝10時なのですが、8時半に乗船し、待機してくれとの先方のご意向なので、必然的に三原市内で前泊となりました。 14時…

鹿児島に巡回 来月は復活祭

この週末は鹿児島ハリストス正教会に2か月ぶりに巡回しました。 開花宣言したばかりの桜がもの凄い勢いで咲いているので、この週末に散ってしまったら今年はもう見る機会がなくなると思い、昨日鹿児島に向かう前に水上村の市房ダムまで往復3時間ほど寄り道を…

教会の桜が満開 復活祭まであと3週間

今日は人吉ハリストス正教会で、大斎期間の祈祷である先備聖体礼儀を執り行いました。 熊本県は今週初めに桜の開花宣言が出ましたが、それから数日しか経っていないのに、教会に行ってみると境内の桜が満開になっていました。 月末には花が終わってしまいそ…

十字架叩拝の主日

今年の大斎が始まって、今日で3週間が経過しました。 大斎第三主日は、キリストの十字架を記念する「十字架叩拝の主日」です。 十字架叩拝の主日では、聖堂の中央に十字架を安置し、祈祷の最後に伏拝して(ひれ伏して)讃美します。 これは7週間の大斎の中間…

東日本大震災の日と糖飯

本日、3月11日はご存じのとおり、2011年の東日本大震災の発生日です。 昨年の3月11日は偶然、大斎第一週の金曜日だったので、正教会の伝統に則って糖飯の成聖をしています。 frgregory.hatenablog.com 糖飯はパニヒダ(永眠者のための祈祷)で必須のアイテム…

正教勝利の主日

今朝の人吉の最低気温は0.1℃。しかし日中の最高気温は20℃を超えました。 あまりにも寒暖差が激しくて、朝は暖房をガンガン焚いているのに、昼間は車の中が暑くて冷房を入れています。 ただ、季節は春に向かって駆け足で進んでいるようで、桜の開花予報もずい…

大斎のスタートは赦し合いから

今週から大斎となり、毎朝夕に大斎初週(The First Week of Great Lent)の祈祷をしているので、投稿できないまま日にちが過ぎてしまいました。 2月26日は大斎前の最後の日曜日でした。 大斎期間は動物性食品が食べられないので、この日までに酪農製品を食べ…

マースレニツァ(乾酪週間) ケーキも食べ収め

先週のコロナ感染でしばらく教会での祈祷を休んでいましたが、今日の夕刻の晩祷から職場復帰ならぬ祈祷復帰しました。 明日は人吉ハリストス正教会で聖体礼儀と信徒総会。 夕刻からは大斎(Great Lent)のスタートとなります。 この大斎は復活祭の前日までの…

コロナ感染 その後

先週の木曜日に家族全員のコロナ陽性が判明してから、「外出自粛期間」ということで、ずっと家族で司祭館に閉じこもっていました。 幸いなことに、症状は一般の風邪と比較してもかなり軽いものでしたが、この病気に関しては感染拡大防止を最優先に考えなくて…

新型コロナ感染について

2月16日は正教会で「日本の亜使徒聖ニコライ祭」。日本正教会の創立者・ニコライ大主教(1836-1912)が永眠した日です。 よりによってその日本正教会の記念日に、私自身と同居家族全員(妻と娘)の新型コロナ感染が確認されました。 常日頃、教会に参祷した…