九州の正教会

日本ハリストス正教会のグレゴリー神父です。熊本県人吉市から情報発信しています。

教会

鹿児島に巡回 九州に来て間もなく3年

昨日は鹿児島ハリストス正教会に巡回。イエスの母マリヤの誕生を記念する生神女誕生祭の聖体礼儀を執り行いました。 生神女誕生祭の聖体礼儀 www.youtube.com 日本正教会の祭服のドレスコードは、母体となったロシア正教会の基準を用いています。 生神女の祭…

台風一過 生神女誕生祭

今日はユリウス暦の9月8日。正教会ではイエスの母マリヤの誕生を記念する生神女誕生祭です。 イコン「生神女誕生」 マリヤの誕生を記念することは、ローマ帝国でキリスト教が公認された4世紀に始まりました。これはキリストの降誕を祝う降誕祭(クリスマス)…

台風の真っただ中!

大型の台風14号の接近で、一昨日夜の時点で今日の熊本巡回を取り止めたことは既に書きました。 今回の台風は伊勢湾台風と並ぶ、過去最強クラスと聞いているので、十分に警戒しないとなりません。 予報では、台風は薩摩半島の西岸を通って、今日の未明から午…

鹿児島で初めて牧師会に参加

昨日は鹿児島へ出張。鹿児島市内のカトリック・プロテスタント合同の聖職者の勉強会「牧師神父の会」に呼ばれて、ウクライナの歴史と宗教についての講話を行いました。 日本各地でこのような超教派の「牧師会」が行われていると思いますが、実際に声をかけら…

福岡に巡回 教会建設候補地探し

先週末は福岡に巡回しました。 台風が接近していることに加え、一部の信徒からコロナに感染したという連絡もあったので、聖体礼儀をやっても参祷者があるかどうか不安でしたが、15人も参祷者があり、8畳ほどの伝道所が一杯になりました。ありがたいことです…

鹿児島に巡回 生神女就寝祭

今日は鹿児島ハリストス正教会に巡回しました。 本日、8月28日(ユリウス暦の8月15日)は正教会の十二大祭の一つである生神女就寝祭(Feast of the Dormition of Theotokos)。イエスの母マリヤが地上での生涯を終え、天における永遠の生命に移ったことを記…

主の顕栄祭 収穫への感謝とキリスト教の伝統

今日は人吉ハリストス正教会で、主の顕栄祭を執り行いました。 主の顕栄祭とは、キリストの変容(マタイ17章)を記念する祭で、本来の祭日は8月19日(ユリウス暦の8月6日)です。 祭の位置づけとしては、復活祭に次いで重要な12の祭「十二大祭」の一つ。つま…

これから信徒総会ラッシュ 準備の一週間 

先週は五島列島の旅を満喫しましたが、明後日の福岡を皮切りに、14日は熊本、28日は鹿児島の各教会の信徒総会が目白押しとなっています。宗教法人法では、宗教法人は会計年度末から4か月以内に決算書や役員名簿などの書類を監督官庁、すなわち当該宗教法人が…

五島の旅の振り返り ①信徒にとって聖堂とは

木曜日の夜、三泊四日の五島の旅を終えて人吉に戻りました。 初日は投稿しましたが、夜は夕食のアルコールと日中の疲れがあってすぐに寝てしまい、二日目以降は投稿できませんでした… そこで今後何回かに分けて、五島の旅の総括をしたいと思います。 今回、…

広報部員(?)に徹した一週間 教会報と教区報について

今週は教会報の作成と発送、教区報の編集作業で、ずっとデスクの前に座りっぱなしの一週間でした。ネットを眺めたり、まして投稿して暇つぶしなんか到底無理でした。 日本正教会では司祭が常駐している地方教会ならどこでも、毎月一回(教会によっては二か月…

鹿児島に巡回 日曜学校用の本について

昨日は鹿児島ハリストス正教会に巡回しました。 www.youtube.com アメリカ在住のナオコさんとリュウキくん母子が半年ぶりに鹿児島に里帰り。聖体礼儀に参祷したので、私たちも再会を喜びました。 いま、わが国ではコロナの感染が再拡大していて、鹿児島県も…

ニコライ堂に出張

先週末にニコライ堂で開催された全国公会に出席するため、東京に出張しています。 9日(土)の昼、ニコライ堂に到着。 教団役員を除く代議員数は50人ですが、うち37人が出席。過去2年間はコロナ禍のため、事実上の専従職員会議のような状態でしたが、今回は…

福岡巡回 教会も通信障害のとばっちり

今日は福岡伝道所に巡回しました。 福岡で聖体礼儀 聖体礼儀に引き続き、役員会で教会の決算にあたり、会計監査に立ち会いました。 福岡伝道所は宗教法人ではないため、決算書類の書式は法令上の縛りがなく、私も福岡の会計についてはやかましく言って来なか…

猛暑の鹿児島に巡回

今日、私が住む熊本県が梅雨明けしました。 先週はずっと猛暑が続いていたので、梅雨はどこに行ったのかと思っていましたが、まさか梅雨明けとは。まだ6月なのに。 梅雨入りは6月11日でしたので、梅雨の期間は2週間ほどしかなかったことになります。 もちろ…

大阪での日曜日

昨夜遅く、大阪での出張を終えて人吉に戻りました。 日曜日の午前中は大阪ハリストス正教会で聖体礼儀。 西日本教区の司祭全員が(全員といっても6人ですが)陪祷する聖体礼儀は、コロナ禍以降では初めてです。 私の九州着任直後の2019年10月に、大阪での聖…

大阪出張2日目

昨日朝、鹿児島空港を飛び立って、大阪ハリストス正教会に出張しています。 昨日は司祭会議。 今日は西日本教区の理事会。明日の教区会議(年次総会)に上程する議案を検討するものです。 会議の合間に、配布資料の印字やとじ込みなども司祭たちで行います。…

熊本で聖五旬祭 聖霊降臨がもたらしたのは「福音宣教」

今日は熊本ハリストス正教会に巡回。復活祭から50日目の聖五旬祭の祈祷を執り行いました。この聖五旬祭とは旧約の信仰(今日のユダヤ教)では、過越祭から50日目の祭日のことでしたが、キリスト教ではキリストの復活の後の聖五旬祭の日に起きた「聖霊降臨」…

福岡で主の昇天祭 ウクライナ出身信徒のこと

昨日は福岡伝道所で、主の昇天祭の聖体礼儀を執り行いました。 イコン「主の昇天」(人吉ハリストス正教会蔵) 主の昇天祭は、キリストが復活から40日目に昇天したこと(ルカ24章、使徒1章)を記念するもので、復活祭に次いで重要な12の祭「十二大祭」の一つ…

初めての小倉での聖体礼儀

先週の日曜日は九州着任後、初めて北九州市の小倉で聖体礼儀を行いました。「地区集会」というスタイルです。 前日の土曜日は熊本で講演を行い、終了後に小倉まで移動して宿泊しました。人吉から片道300㎞近い大移動です。 日本正教会は明治期、全国に教会を…

鹿児島と人吉で祈祷 自分の交通事故のことは後回し

一昨日は九州道で事故に遭って大変でしたが、九州には私以外に神父がおらず、誰にも代わってもらえませんので、昨日は朝から予定通り鹿児島ハリストス正教会に行き、聖体礼儀を執り行いました。 www.youtube.com 鹿児島教会の敷地にはたくさんの植物が植えら…

熊本巡回と高齢信徒へのケア

昨日は熊本ハリストス正教会に巡回。復活大祭の聖体礼儀を執り行いました。 今年の復活大祭の祭日は4月24日で、それ以後は毎週日曜日ごとにテーマがあって「○○の主日」という名称もついており、聖書の朗読箇所も当然違うのですが、私は一人で4教会を兼務して…

人吉での復活祭と廻家祈祷

昨日は人吉ハリストス正教会で復活祭の祈祷を行いました。 www.youtube.com 復活祭の祈祷は、聖堂の外を一周して回る十字行でスタートします。4月24日の鹿児島での祈祷は大雨で十字行を取り止めましたが、今回は朝から晴天で十字行をすることができました。 …

チャイコフスキーとウクライナ

4月24日以降、毎週日曜日は九州各地の教会を巡回して復活祭の祈祷を行っています。 明日はホームグラウンド(?)の人吉教会での復活祭です。 連休で出張している間に雑草が猛烈な勢いで伸び、復活祭の開式の十字行(聖堂の周囲を行列すること)にも支障をき…

福岡と鹿児島へ 出張続きのGW

久しぶりの投稿です。 4月30日の午後から4泊5日で福岡に出張。5月4日の夕方にいったん帰宅して、5日は鹿児島に日帰り出張でした。 ゴールデンウィークはほぼ丸々、出かけていたことになります。 5月1日(日)は福岡伝道所で、復活祭の聖体礼儀を行いました。…

鹿児島で迎えた復活祭

鹿児島への出張三日目。今日はいよいよ復活大祭です。 復活大祭の祈祷は深夜に開式し、日の出前に終わらなくてはならないというのが正教会の定めです。聖書には、日曜日の夜明けにマグダラのマリヤらがイエスの墓に行った時、既にイエスは復活した後で墓には…

聖大土曜日 死から復活への移動日

今日は復活祭の前日の聖大土曜日。日本正教会用語では「聖大スボタ」といいます。スボタとは「安息日」を意味する教会スラブ語で、曜日としては土曜日のことですが、わが国では馴染みがない単語なので、私は一般向けの文章では「土曜日」と表記しています。 …

聖大金曜日 キリストの受難の記念日

今日は聖大金曜日。キリストの受難の記念日です。 平日の祈祷は人吉ハリストス正教会で執り行っていましたが、今年の復活祭の当日は鹿児島の巡回日に当たっていたので、金曜日と土曜日の祈祷も鹿児島で行うことにしました。 昼に鹿児島ハリストス正教会に到…

聖大木曜日について

今日は復活祭前の木曜日。正教会では聖大木曜日(Holy Great Thursday)といいます。キリストが十字架につけられる前夜、12人の弟子たちと囲んだ晩餐を記念します。 一般的には「最後の晩餐」と呼ばれますが、正教会ではこの時にキリストがパンと葡萄酒をご…

受難週間の祈祷 & ウクライナ支援活動の進展

今週は復活祭前の1週間「受難週間」(Passion Week)です。読んで字のごとく、キリストの受難を記憶する期間であり、毎日祈祷を執り行っています。 月曜日から水曜日までは、それぞれ7つの祈祷(早課、一時課、三時課、六時課、九時課、晩課、先備聖体礼儀)…

聖枝祭 「枝」とは何の木の枝?

今日は人吉ハリストス正教会で聖枝祭の聖体礼儀を執り行いました。聖枝祭とは復活祭の1週間前の日曜日で、イエスのエルサレム入城を記念する祭日です。 www.youtube.com ヨハネによる福音書12章では、エルサレム市民がシュロの枝を持ってイエスを迎えたとあ…