九州の正教会

日本ハリストス正教会のグレゴリー神父です。熊本県人吉市から情報発信しています。

生神女庇護祭 神でないマリヤになぜ祈るのか

10月14日(ユリウス暦の10月1日)は、正教会独自の祭日である生神女庇護祭(しょうしんじょひごさい)です。

この祭日は10世紀に起きた生神女庇護の奇蹟に由来するものです。

 

10世紀初め、ビザンチン帝国はイスラム諸国の度重なる侵略を受け、首都コンスタンチノープルもたびたび攻撃を受けていました。

903年(910年という説もある)、コンスタンチノープルイスラム軍が迫り、ビザンチン帝国の存亡の危機が迫った時がありました。人々は市内のヴラヘルネにある生神女(イエスの母マリヤ)を記念した聖堂に集まり、敵の撤退と平和の回復を祈り続けていました。

その群衆の中にいた聖アンドレイと弟子の聖エピファニイが聖堂内を見上げると、生神女マリヤが多くの聖人を引き連れて空中に現れました。生神女は世界平和の実現を祈りながら、オモフォル(肩衣。主教の祭服で一番上に着るもの)で人々を覆いました。

この知らせに勇気づけられたビザンチン軍はイスラム軍の撃退に成功し、平和が回復されました。これが生神女庇護の奇蹟です。

ここで「庇護」と翻訳されている単語は、英語では保護を意味する「Protection」ですが、元の教会スラブ語ではカバーや覆いを意味する「Покров」(ポクロフ)です。盾や鎧などの武具で保護するのではなく、肩衣で優しく覆うということに、この奇蹟の意義がよく表現されていると私は思っています。

 

何が言いたいかというと、この祭はキリスト教徒が異教徒を戦争で破ったことを祝賀するためにあるのではないということです。

私たちが真剣に祈るならば、生神女マリヤや他の聖人たちも共に祈ってくれるし、私たちの祈りを神に取り次いでくれる。そのマリヤや諸聖人の見守りという「覆い」の下にいることで、神も私たちの祈りを聴き入れてくれる。だから安心し、勇気をもって行動すれば良い。このような教義が反映されているのです。

だから神でないマリヤになぜ祈るのかという問いには、神への取り次ぎを願っているから、というのが答えとなります。

なお、この聖人による神への取り次ぎを正教会用語では「転達」、一般的なキリスト教用語では「執り成し」といいます。

frgregory.hatenablog.com

 

さて、生神女庇護祭はコンスタンチノープルでの出来事だったにもかかわらず、中世ロシアで熱心に記憶されるようになった背景もあり、特にロシア圏の正教会生神女庇護を記念した「生神女庇護聖堂」が多くあります。

世界で一番有名な生神女庇護聖堂は、モスクワ・赤の広場にあります。「聖ワシリイ大聖堂」の名で知られる世界遺産の名所ですが、これは通称であり、正式名称はあくまでも「生神女庇護大聖堂」です。東京の復活大聖堂も「ニコライ堂」という通称の方がよく知られているのですが、それと相通じるものがありますね。

f:id:frgregory:20211015194450j:plain

モスクワ・聖ワシリイ大聖堂生神女庇護大聖堂)

日本では横浜、静岡、大阪、人吉の4教会が生神女庇護聖堂です。

私は司祭になってから静岡、続いて横浜を担当し、いまは人吉教会を管轄しています。奇しくも今までの司祭としての全期間、任地は変わっても「生神女庇護聖堂」の管轄司祭でいるのです。言い換えれば生神女マリヤの「覆い」の下に留まり続けています。

そのようなわけで、私はマリヤがいつも共にいるように思って、祈りを捧げています。

f:id:frgregory:20211015200805j:plain

イコン「生神女庇護」(人吉ハリストス正教会所蔵)

 

「永遠の記憶」と「幾とせも」 永遠と永久はどこが違う?

正教会では永眠した人には「永遠の記憶」(Memory Eternal!)、存命の人には「幾とせも」(Many Years!)と、祈りの言葉が決まっています。

どちらも平たく要約すれば、神がその人をいつまでも変わることなく覚えてくださいますように、という意味になります。

しかし、どうせ同じ意味なら同じ言葉でもいいではないか、とはなりません。なぜならその人が永眠したのか存命なのかで、その人の人生に「永遠」と「永久」の概念の違いが生じるからです。

f:id:frgregory:20210718172241j:plain

永遠の記憶(パニヒダにて)

なぜこのようなことを書いているのかというと、長嶋茂雄の引退時の名言「わが巨人軍は永久に不滅です」は、自身で口述作成した原稿では「永遠に不滅」だったのに、本人が本番で(?)言い間違えてしまったという、面白い記事を読んだからです。

 

私は1963年生まれですが、読売巨人軍は65年から73年まで9年連続で日本シリーズを制覇しました。いわゆるV9です。

私が物心ついた時からプロ野球で巨人以外が優勝したのを見たことがなく、今と違ってテレビ番組の種類が少なかった半世紀前では、夕食時にやっている番組は巨人戦のナイター放送ばかりでした。

たとえて言うならV9の「幼児洗礼」を受けた世代であり、私を含めて同級生は男子も女子もみな巨人ファンでした。特に長嶋茂雄は当時の子どもたちにとって「神」のような存在だったのです。

長嶋は「アメリカの子どもは英語が上手いねえ」といったたぐいの、今から思うと「馬鹿じゃないの」と笑われてしまうような名言(迷言)には事欠かなかったのですが、「長嶋だから」と好意的に捉えられていました。

 

しかし74年10月12日、中日の優勝が決定して巨人のV10が消滅し、同日に長嶋が引退を表明するという、少年時代の私にとって巨人という「神殿の崩壊」に等しい大事件が起きました。

10月14日のリーグ最終戦が長嶋の引退試合となり、試合終了後に行われた引退セレモニーの挨拶で言ったのが、上記の名言です。もちろん私もテレビにかじりついて見ていました。


www.youtube.com

 

ここで長嶋が「永久に不滅です」と言い間違えたことで、「野球の神様」の言葉としてそれこそ永久に残ってしまったわけです。

 

さて、それでは永遠と永久は何が違うのでしょうか。

永遠とは、精神的・観念的なことが、世代や時代を超えて、いつまでも変わることなく続くことです。

永久とは、主に事物が、いつまでも変わることなく続くことです。

つまり両者は「いつまでも変わることなく続くこと」という意味においては同義だが、それが精神的なものか物理的なものか、あるいはこの世を超えるのか、この世限りなのかによって、違いが生じるということになります。

 

たとえば「愛」だったら「永遠の愛」とは言いますが「永久の愛」とは言いません。愛は形のない精神的なものであり、来世まで存続しうるものだからです。

一方、長嶋の背番号「3」は巨人軍の「永久欠番」であって「永遠欠番」とは言いません。野球チームも背番号も、この世限りでしか意味を持たないものだからです。

その意味では、いくら自分が少年時代に神格化していたとはいえ、巨人軍は所詮この世の組織にしか過ぎないのですから、不滅なのは「永遠」ではなく、長嶋が言い間違えた「永久」の方が正しかったことになります。やはり長嶋は神様でしたね(笑)。

 

これを冒頭の祈りの言葉の違いにあてはめてみましょう。

キリスト教では神を「永久」でなく「永遠」の存在と考えるのはもちろんですが、その神を信じる私たちの生命も「永遠」と考えます。キリストは神自身が人となり、死の先にある復活を示した方だと信じることで、私たちの生命も現世だけの有限なものではなく、来世まで続く永続的なものになる、という教義です。

よって人の死を永眠といいますが、これは「永遠の眠り」ではなく「(この世での)永久の眠り」ということになります。来世での復活によって眠りから覚める時が来ると信じるのですから、目が覚めずに眠りっ放しでは矛盾してしまうからです。

 

その意味では永眠者への祈りの言葉「永遠の記憶」はそのものズバリ。神よ、来世における復活と永遠の生命に生きている永眠者を、どうかいつまでも変わらずに覚えていてください、と言っていることになります。

一方、生者への祈り「幾とせも」は、その人の「この世における人生」と、それに付随する「健康」「長寿」「安全」「平穏」「成長」「成功」といった事柄に、神がずっと関わってほしいと祈るものです。つまり長年(many years)だとしても、期間も内容もこの世を超える範囲までは含んでいません。

以上のことから、「永遠の記憶」と「幾とせも」とは、前者は神が永眠者を来世でも「永遠」に、後者は神が生者をこの世で「永久」に、覚えてくれるように祈る言葉という違いがあるのです。

 

長嶋氏に限らず、永遠と永久は意味の違いを考えずに使ってしまいがちな言葉ですが、私はそれこそ「永遠」の存在である神の言葉を扱う立場ですので、しっかり理解しておきたいと思っています。

三浦綾子作品『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』の映画化

本日、10月12日は作家・三浦綾子の永眠日です。

代表作『氷点』は広く知られていますが、彼女は何度も病魔と闘いながらプロテスタントの熱心な信仰を貫いた人でもあります。

 

彼女の作品に、わが熊本が生んだ矢嶋楫子(1833-1925)について書いた『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』があります。

矢嶋は女子学院の初代院長や婦人矯風会の初代会長を務め、明治大正期の女性教育者・社会活動家の第一人者です。

f:id:frgregory:20211012235119j:plain

矢嶋楫子

この『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』の映画化が進められており、いよいよ来年1月に公開される予定です。

主演の矢嶋楫子役の常盤貴子のインタビュー記事が毎日新聞に掲載されていました。

 

矢嶋楫子と3人の姉は「四賢婦人」と呼ばれ、わが国の教育界とプロテスタント宣教に直接的また間接的に多大な貢献をしています。わが熊本の誇りといっても良い女性たちだと私は思っています。

 

frgregory.hatenablog.com

 

そのようなわけで、私はこの映画の公開を心待ちにしています。

愛犬と別れて1年 大伯父になる

九州地方、特に人吉は季節外れの猛暑が続いています。

9月18日から10月8日まで、21日間連続で最高気温30℃以上の真夏日でした。土日はようやく30℃を下回りましたが、それでも29℃。私たちが週末に出張していた熊本市内はやはり30℃超え。今日は人吉市内も31℃でした。

残暑という概念自体が合わないというか、台湾あたりの亜熱帯の国で生活しているようです。どうなっているのでしょうか?

 

しかし、こんなに暑くても秋の実りは訪れるのが不思議です。

人吉ハリストス正教会の旧司祭館の裏に巨大な柿の古木があるのですが、昨年の水害で隣の敷地から竹が倒れ込んできて、柿の木のある場所まで立入り困難になったので、放置していました。

すると、旧司祭館を借りて被災者支援活動をしているKさんから「教会の柿の木にたくさん実が成っているのだが、採らせていただけないか」という話が。

こちらとしては、どうせ放置している木なので「どうぞお好きなだけお持ちください」と返事しました。

今日、ご夫婦で採りに来るという話だったので、様子を見に行ったら、確かに鈴なりに実が成っていました。

私も少し収穫して、持ち帰りました。まさに秋の実りです。

f:id:frgregory:20211011184833j:plain

人吉ハリストス正教会で採れた柿

 

さて、昨年10月10日に愛犬のほたるが死んでから、昨日で1年となりました。

f:id:frgregory:20211011185250j:plain

ありし日のほたる

 

frgregory.hatenablog.com

 

私が以前の会社を辞めてから15年以上も家族の一員でいましたから、16歳で天寿を全うしたとはいえ、犬が死んだ直後は私も妻もペットロスでしばらく何も手につきませんでした。

しかし、私たち夫婦は気持ちの切り替えが早いのも事実です(笑)。犬の存命中は介護で長時間家を空けられませんでしたが、ほたるの死後は出張も遊びも泊りがけで出かけられるようになりました。おかげで、九州の魅力ある場所をいろいろ訪ねるようになって今に至っています。

ほたるがこの世を去るにあたって、私たち夫婦に「時間」というプレゼントをくれたのだと思っています。

 

すると午後、義理の姪(妻の弟の長女)からラインが。

今日、男の子を出産したとのこと! 義弟夫婦には初孫です。

私たち夫婦も初めて「大伯父・大伯母」となりました。

愛犬と別れ、自分たちのライフスタイルが変わってちょうど1年となって、また自分たちのライフステージが変わったのです。

今月は実の姪(私の妹の長女)の結婚式もあります。もう既に結婚しているのですが、コロナで結婚式が今月に延期になりました。

 

このようなわけで、私の周囲は慶事続きです。

もっとも私には社会人の子どもが4人もいるにも関わらず、初孫どころか彼らの結婚自体が期待薄なのですが…

熊本に巡回しました

この週末は熊本に巡回しました。

 

昨日は午後から妻が熊本市内で手話検定を受験するため、試験会場まで送りました。

妻は1年半くらい前から、福祉に役立つ資格を取りたいと言って手話の講座に通っています。今回、初めての受験です。

 

妻への慰労ということで、夕食は市中心部の水道町のビストロでディナーコースにしました。この店のシェフは県内の農家出身で、どの料理も熊本県産の食材にこだわっています。

f:id:frgregory:20211010190953j:plain

天草産の海老を使った前菜

f:id:frgregory:20211010191027j:plain

県内産の黒豚のグリル

f:id:frgregory:20211010193436j:plain

デザートの前にシェフの実家で採れた米で茶漬け

熊本県に住むようになって良く分かりましたが、熊本は米も野菜も果物も、酪農品も魚介類も、栗や海苔やキノコ類も、あらゆる食材が豊かに生産されています。水質も良くて日本酒も美味です。個人的には北海道か東北地方と相通じる食の宝庫のように思っています。こういうところにも熊本県民になった幸せを感じます。

 

さて、今日は熊本ハリストス正教会で聖体礼儀を執り行いました。

f:id:frgregory:20211010190915j:plain

熊本ハリストス正教会で聖体礼儀


www.youtube.com

 

熊本での聖体礼儀後は、人吉に帰る途中で宇土市熊本市の南隣)在住のキクさん(仮名)を訪ねて廻家祈祷(家庭訪問の祈祷)をすることにしています。

キクさんは人吉出身で1924年生まれ。今でも杖をつかずに普通に歩けますし、頭もはっきりしています。血圧なども正常で、薬は何も飲んでいません。外見は70代後半くらいに見えます。

熊本県自体が平均寿命の都道府県別ランキングで6位の長寿県ですが、キクさんはまさにそれを体現している一人でしょう。熊本の豊かで健康的な食べ物も寄与しているかもしれません。

来月の熊本巡回日は偶然キクさんの97歳の誕生日に当たります。お祝いに来るのでそれまで元気でいるようにと伝えて、宇土を後にしました。

人吉の伝統民俗文化「球磨神楽」

人吉のシンボル・青井阿蘇神社は8世紀に創建された神社で、楼門や社殿は国宝に指定されています。

昨年の水害では浸水で大変な被害を被りましたが、急ピッチで復旧が進められてきました。

 

その青井阿蘇神社例大祭が10月3日から始まる「おくんち祭」です。

祭のクライマックスは9日の神幸行列。この日は市内の小中学校は休校となり、町内会ごとに神輿が繰り出して市内を行列します。

私も一昨年の着任直後におくんち祭のことを聞き、見に行きました。私が生まれ育った東京にももちろん祭はありますが、こういう全市を挙げての祭礼は見たことがなかったので、大変印象に残りました。

 

frgregory.hatenablog.com

 

この神幸行列は昨年はコロナのため中止。今年も早々と中止が決まってしまいました。しかし、神幸行列の前夜祭である8日夜の球磨神楽奉納は、昨年は中止になったものの今年は開催されるということで、青井阿蘇神社まで見学に行ってきました。

 

球磨神楽は国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統芸能です。

最も古い記録は1472年ですが、それよりかなり以前から行われてきたものと思われ、正確な起源は不明です。

f:id:frgregory:20211009100246j:plain

f:id:frgregory:20211009100257j:plain

f:id:frgregory:20211009100307j:plain

f:id:frgregory:20211009100316j:plain

重要無形民俗文化財「球磨神楽」

現在残っているのは全17番だそうで、この日はその中から11番が演じられました。1番あたり10分以上かかるので、2時間以上立ちっぱなしで見ましたが、とても素晴らしかったです。

舞も囃子も他地域にない独特なものとのこと(私は他の神楽との違いが分からないのですが)。確かに飛んだり跳ねたり、足を踏み鳴らしたりする勇壮なものもあって、見ていて飽きません。

現在は球磨神楽保存会のメンバーが行っていますが、昔は村人たちが練習して、年に一度の発表会という位置づけだったのでしょう。娯楽のない時代、人々にとって心待ちにしていたエンターテインメントだったのでしょう。

 

キリスト教、とりわけ伝統的教派である正教会にも、祭日とリンクした伝統行事が多数存在します。私自身には神社や寺院は異教の神殿ですから、そこを拝むことはもちろんしませんが、人種や宗教の違いを超えて人々に受け継がれている歴史や文化を尊重し、関心を持って行きたいと思っています。

その意味では、九州は古代からの歴史と伝統文化の宝庫のような地域なので、この地に赴任してそういったものと触れる機会が与えられていることに感謝して、日々過ごしています。

山鹿のレトロな魅力 ②伝統ある温泉と灯籠まつり

山鹿は12世紀に温泉が発見され、保養地としても有名でした。

 

1640年、熊本細川藩の初代藩主・細川忠利が藩主専用の休息所「山鹿御茶屋」を開設。これが明治以降、一般市民に開放されました。

1898年、豪商たちが松山・道後温泉本館を建てた棟梁を山鹿に呼び、建物を道後温泉と同じ豪華なものに改築しました。

これが今日、共同浴場の「さくら湯」となっています。

f:id:frgregory:20211007204131j:plain

f:id:frgregory:20211007204147j:plain

さくら湯

このレトロ感満載の素敵な温泉に、たった350円で入れます。しかし、この建物は1898年に建てられたオリジナルではありません。

さくら湯は1973年、市の再開発で取り壊され、「温泉プラザ山鹿」というビルになってしまったのです。そのビルが老朽化し(さらにはあまり繁盛していなかったと推測)、観光のためにかつての建物を2012年に復元して、今に至っています。

ちなみに復元するにも図面が保管されておらず、後述する山鹿灯籠をもとに設計したそうです。

昨日、八千代座の紹介にも書きましたが、古くて価値のあるものを粗末に扱ったり、さらには「近代的なものの方がいいだろう」と安直なスクラップアンドビルドをすると、後で大きな代償を払うことになるという一例ではないでしょうか。

今度こそ、古き良きものを守ってほしいです。

 

さて一年に一度、山鹿を熱くする祭が8月16日の「山鹿灯籠まつり」です。

これは市内の大宮神社例大祭です。

祭の由来は4世紀、12代天皇景行天皇が九州に行幸した時、山鹿で濃霧に行く手を阻まれたところ、村人たちが松明を掲げて先導したという故事に基づきます。ちなみに大宮神社景行天皇の行宮跡に建てられた、古代からの歴史ある神社です。

f:id:frgregory:20211007210322j:plain

大宮神社

室町時代頃から松明に代えて灯籠を神社に奉納するようになり、江戸時代にさらに灯籠は手の込んだ豪華なものに発展したそうです。

 

八千代座のすぐ近くにある「山鹿灯籠民芸館」では、灯籠の作品を見ることができます。また、灯籠職人も中で作業していて、話を聞くことができます。

ちなみにこの建物は1925年に建てられた旧安田銀行の社屋で、国有形文化財に指定されています。

f:id:frgregory:20211007210922j:plain

山鹿灯籠民芸館(旧安田銀行

私は灯籠と聞いて、お盆の仏壇飾りみたいなものかなと思っていましたが、実際は精巧な有名建築物のミニチュアでした。和紙と糊だけでできており、骨組みは一切ありません。

f:id:frgregory:20211007211314j:plain

f:id:frgregory:20211007211326j:plain

f:id:frgregory:20211007211342j:plain

山鹿灯籠

灯籠は、大宮神社にも直近の灯籠まつりで奉納されたものが展示されています。

f:id:frgregory:20211007213611j:plain

f:id:frgregory:20211007213625j:plain

大宮神社に奉納された灯籠

とにかく想像以上に立派なアートで驚きました。

現在、山鹿灯籠を作る職人は9人しかいないそうですが、こういう伝統工芸の火を絶やさないようにしてほしいものです。

 

さて山鹿灯籠まつりは8月16日の夜、頭に灯籠を載せた女性だけの千人の踊り手が山鹿小学校の校庭で踊る「千人灯籠踊り」がクライマックスとなります。

この踊り自体は昔からあったものではなく、昭和30年台に観光振興のためにイベントとして始められたそうです。

f:id:frgregory:20211007214548j:plain

千人灯籠踊り

民芸館で踊り手用の灯籠を試しに被らせてもらいましたが、紙だけでできているのでとても軽いです。実際の踊りの時は中にLEDライトを装着するそうです。

f:id:frgregory:20211007215224j:plain

踊り用の灯籠。とても軽い

 

本当は8月16日に祭を見に来るつもりでいたのですが、コロナのため千人踊りが中止になり、山鹿行きを諦めた経緯があります。

コロナが収束して、来年こそは山鹿を再訪し、灯籠まつりを見たいと思っています。それまで山鹿の美しい町並みが災害などで損なわれることなく、守られるようにと願うばかりです。

f:id:frgregory:20211007220317j:plain

f:id:frgregory:20211007220329j:plain

f:id:frgregory:20211007220344j:plain

山鹿の美しい町並み