九州の正教会

日本ハリストス正教会のグレゴリー神父です。2019年から九州全域を担当しています。

山鹿のレトロな魅力 ②伝統ある温泉と灯籠まつり

山鹿は12世紀に温泉が発見され、保養地としても有名でした。

 

1640年、熊本細川藩の初代藩主・細川忠利が藩主専用の休息所「山鹿御茶屋」を開設。これが明治以降、一般市民に開放されました。

1898年、豪商たちが松山・道後温泉本館を建てた棟梁を山鹿に呼び、建物を道後温泉と同じ豪華なものに改築しました。

これが今日、共同浴場の「さくら湯」となっています。

f:id:frgregory:20211007204131j:plain

f:id:frgregory:20211007204147j:plain

さくら湯

このレトロ感満載の素敵な温泉に、たった350円で入れます。しかし、この建物は1898年に建てられたオリジナルではありません。

さくら湯は1973年、市の再開発で取り壊され、「温泉プラザ山鹿」というビルになってしまったのです。そのビルが老朽化し(さらにはあまり繁盛していなかったと推測)、観光のためにかつての建物を2012年に復元して、今に至っています。

ちなみに復元するにも図面が保管されておらず、後述する山鹿灯籠をもとに設計したそうです。

昨日、八千代座の紹介にも書きましたが、古くて価値のあるものを粗末に扱ったり、さらには「近代的なものの方がいいだろう」と安直なスクラップアンドビルドをすると、後で大きな代償を払うことになるという一例ではないでしょうか。

今度こそ、古き良きものを守ってほしいです。

 

さて一年に一度、山鹿を熱くする祭が8月16日の「山鹿灯籠まつり」です。

これは市内の大宮神社例大祭です。

祭の由来は4世紀、12代天皇景行天皇が九州に行幸した時、山鹿で濃霧に行く手を阻まれたところ、村人たちが松明を掲げて先導したという故事に基づきます。ちなみに大宮神社景行天皇の行宮跡に建てられた、古代からの歴史ある神社です。

f:id:frgregory:20211007210322j:plain

大宮神社

室町時代頃から松明に代えて灯籠を神社に奉納するようになり、江戸時代にさらに灯籠は手の込んだ豪華なものに発展したそうです。

 

八千代座のすぐ近くにある「山鹿灯籠民芸館」では、灯籠の作品を見ることができます。また、灯籠職人も中で作業していて、話を聞くことができます。

ちなみにこの建物は1925年に建てられた旧安田銀行の社屋で、国有形文化財に指定されています。

f:id:frgregory:20211007210922j:plain

山鹿灯籠民芸館(旧安田銀行

私は灯籠と聞いて、お盆の仏壇飾りみたいなものかなと思っていましたが、実際は精巧な有名建築物のミニチュアでした。和紙と糊だけでできており、骨組みは一切ありません。

f:id:frgregory:20211007211314j:plain

f:id:frgregory:20211007211326j:plain

f:id:frgregory:20211007211342j:plain

山鹿灯籠

灯籠は、大宮神社にも直近の灯籠まつりで奉納されたものが展示されています。

f:id:frgregory:20211007213611j:plain

f:id:frgregory:20211007213625j:plain

大宮神社に奉納された灯籠

とにかく想像以上に立派なアートで驚きました。

現在、山鹿灯籠を作る職人は9人しかいないそうですが、こういう伝統工芸の火を絶やさないようにしてほしいものです。

 

さて山鹿灯籠まつりは8月16日の夜、頭に灯籠を載せた女性だけの千人の踊り手が山鹿小学校の校庭で踊る「千人灯籠踊り」がクライマックスとなります。

この踊り自体は昔からあったものではなく、昭和30年台に観光振興のためにイベントとして始められたそうです。

f:id:frgregory:20211007214548j:plain

千人灯籠踊り

民芸館で踊り手用の灯籠を試しに被らせてもらいましたが、紙だけでできているのでとても軽いです。実際の踊りの時は中にLEDライトを装着するそうです。

f:id:frgregory:20211007215224j:plain

踊り用の灯籠。とても軽い

 

本当は8月16日に祭を見に来るつもりでいたのですが、コロナのため千人踊りが中止になり、山鹿行きを諦めた経緯があります。

コロナが収束して、来年こそは山鹿を再訪し、灯籠まつりを見たいと思っています。それまで山鹿の美しい町並みが災害などで損なわれることなく、守られるようにと願うばかりです。

f:id:frgregory:20211007220317j:plain

f:id:frgregory:20211007220329j:plain

f:id:frgregory:20211007220344j:plain

山鹿の美しい町並み